2011年09月21日

脱皮。  塩見智子

ユーカリの木。
そうそう、コアラの大好物の葉っぱの。あの木です。


乾燥した土地でもよく育ち、大地を緑で被うことに由来して
つけられた名前・・・とも言われているそうですよ。


へぇーーーー!
生命力があるんやね〜


それを実証するかのように、ユーカリの話を友達が
ブログで紹介していました。


彼女の仕事先に、それは見事なユーカリの木が。
P1000965.JPG
(photo by miyu)


ある日、その木の下を見ると、ユーカリの枝の皮がはがれ、
数枚落ちていたそうです。



そこで、彼女が調べてみると・・・・


ユーカリは自ら自分の皮を剥いで根元に落として地表を覆い、
水分の蒸発を防ぐと同時に、

痩せた土地でも生き抜くために、
ユーカリはこの皮を腐らせて肥料にするのです。



自ら脱皮し、成長を続ける、というのです。



乾燥した土地でも生き抜くために、こんなすごいことを
ただ粛々と繰り返している。


何かから脱皮するのは大変だと思ってたけど、
ただ脱ぎ捨てると決めたらいいのだ。



ちなみに、脱皮したあとのユーカリの枝は、
白くてツルツルしているそうですよ。

気持ちいいんやね。


posted by ピロパン at 23:01| 大阪 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます〜(*^_^*)
そうそう。脱皮したら気持ちいいんよ。
ツルっツルになりたいわ〜。
Posted by ゆらりん at 2011年09月22日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。